最近の記事
ス ポンサードリンク

2009年01月16日

続・「藤岡藤巻と大橋のぞみ」結成秘話



こんにちは。

前回の「藤岡藤巻と大橋のぞみ」の結成秘話の続きです。

前回記事を読み逃した方はどうぞ↓

「藤岡藤巻と大橋のぞみ」の結成秘話

初めて藤岡藤巻さんを見た時、
皆さんはどう思われましたか?

「なんだ、あのおっさん二人は」

失礼ながら、これが私の感想です。
なぜ、この二人の「おっさん」が
宮崎監督映画主題歌を歌うことになったのか
気になりませんか?

【CD】オヤジの心に灯った小さな火/里田まい with 藤岡藤巻







のぞみちゃんのかわいらしい声と誰を
組み合わせるべきか。
すると、鈴木敏夫プロデューサーが、
不意に一人の男の名前を挙げた。
「藤巻さんはどう?」

その提案に、誰もが唖然とした。
「藤巻さん」とは、広告会社勤務で
長らくスタジオジブリを担当している藤巻直哉。
幼なじみの藤岡孝章と中年親父バンド「藤岡藤巻」
を結成し、メジャーレーベルからCDも出しているが、
本人たちはプロではないと公言している。

歌の内容はほとんどが愚痴で、バンド活動は
「サラリーマンがゴルフするようなもの」
だという2人。
そんな藤巻に、宮崎作品の主題歌を歌ってもらおう
というのだ。

〜中略〜

この時点で、鈴木は本当に「仮」だと
思っていたのだろうか。真相は鈴木の胸の中だが、
周囲が驚いたことだけは確かだ。

この提案には宮崎監督も不安そうな表情を
浮かべたという。そこで鈴木は
「藤巻さんなら、いつでも断れます」
と駄目押しをした。

ここまで言われたら、断る理由を見つけるのは難しい。
しかし、さすがに久石譲は困惑した。
「最初は冗談だと思ったよ。
でも、宮崎さんと一緒で『いつでも断れます』と
言われたら、返す言葉がなかった」と振り返る。

〜中略〜

藤巻は「仮」という言葉に安心し、
気負いなくこの依頼を受け入れた。
本番では違う人が歌うと信じていたのだ。
(引用元:ヨミウリオンライン「音の上のポニョ」)



「仮」で歌った藤巻さんの声が
あまりにのぞみちゃんの声とぴったりあったので、
宮崎監督鈴木プロデューサー久石譲さんまでもが、
藤巻さんで納得したのだそうです。

藤巻さんの素朴で決して上手くない歌が、
宮崎監督の「お風呂でのお父さん」のイメージに
合ったんですね。

それにしても、「いつでも断れます」って。
お上手ですね、鈴木プロデューサーは。

こうして、ヒットソング、
崖の上のポニョ」は完成に近付いたのでした。

藤岡藤巻 1 ←試聴あり!




宮崎アニメ 時々 懐かしアニメ トップページへ▲


スポンサードリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。