最近の記事
ス ポンサードリンク

2008年09月24日

「ポニョ」絵本風のアニメ



こんにちは。
崖の上のポニョ」のお話が続いております。
明日あたり違う話題にしようかな。

崖の上のポニョ」は公開前から、
手描きにこだわった絵本風のアニメーション
ということで話題でしたよね。

皆さんは絵本風ってどんな感じだと思っていましたか?
映画を観て予想とは違っていましたか?


順位安定したみたい→ 人気ブログランキング
お陰様で安定しております→ 風花心伝ブログランキング
118位。下降中です→ コミック・アニメ ランキング


崖の上のポニョCARD COLLECTION




私は映画を観ていませんが(観られない理由です)、
ロマンアルバムを見る限り、
想像していた感じとは違いました。

想像では、作品全体を手で描いたような感じだと
思っていたんです。
でも実際ロマンアルバムを見ていると、
「今までと一緒じゃん」と思ってしまいました。
確かにCGを使った感じはないけれど、
昔からある普通のアニメのように見えました。

しか〜し!途中でようやく気がついたのです。
ひまわり園とひまわりの家のカットのところです(遅っ!)。
本当に絵本みたいに色鉛筆で綺麗に描かれていました。
「これかぁ〜」

よくよく見てみると、映画冒頭から、
背景はこの色鉛筆で描いた感じでした。
人物や車などの動く部分だけ従来のアニメと同じ
(詳しくないのですが、セル画を使っているのかなぁ)
なんですね。

とってもいい感じです。丁寧に、丁寧に
塗ってある感じがたまりません。
温かくって、やさしくって、落ち着きます。

ロマンアルバムに美術監督吉田昇さんの
インタビューがありました。
最初から絵本風にしようと決まっていたわけでは
ないそうです。

「今回は波が魚になったりするような
変わった舞台や設定なので、そうことが
自然に起こってもおかしくない画面を作ろう、
というのが最初にありました。そこで、
今までに無いタッチを入れてみようという話に
なりまして、『ポニョ』ではこれまで長編作品で
使ったことのないクレヨンや色鉛筆、パステル
といった画材をつかったんです。」
(引用元:崖の上のポニョロマンアルバム)

そして、とにかく観る人が楽しくなるような
作品にしようということでスタッフ一同で
楽しんで作ったそうなんです。

文章もそうですが、絵も描き手が楽しければ
伝わるんだなぁとつくづく感じる作品に
仕上がったと思います。

崖の上のポニョ」はポニョの不思議なかわいさや
主題歌以外にも人の目を引き付ける
見どころがあっての作品なんですね。


崖の上のポニョロマンアルバム


宮崎アニメ 時々 懐かしアニメ トップページへ▲

スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。