最近の記事
ス ポンサードリンク

2008年09月21日

「ポニョ」水没した世界



こんにちは。
今回も「崖の上のポニョ」のお話です。

子供の頃、台風などで洪水になると
ワクワクしませんでしたか?

水の中に家があり、部屋の中を泳いで移動する異常事態に、
子供心はくすぐられます。
現実に大人の目で見たら、とんでもないお話ですが、
アニメの世界では誰も大変な思いをせずに実現できます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
昨今たびたび起こる、大雨による被害、
水の恐ろしさを思い知らされます。
被害を受けた方々のことを思うと
(私の近所でも多少の被害有)、
書きにくい内容ではありますが、
アニメーションの世界の話として、
書かせていただきます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

順位ダウンで戻れな〜い→ 人気ブログランキング
今日は何位かな?→ 風花心伝ブログランキング
あれあれ〜?今日は104位→ コミック・アニメ ランキング

☆ポニョ非売品も☆



宗介を好きになり、人間になりたいと
強く思ったポニョは、世界を魔法で
溢れさせてしまいます。
そのため、津波、大雨、大風という異常気象を
引き起こし、町は水没してしまいます。
ポニョは津波の上を走って宗助に会いに行きます。

以前放送されたNHK特番で、
宮崎監督が「この場面を見て子供たちが、
本当に海の上を走れるって思ったらしめたものだ」と
発言されていたのが、この場面ですね。

嵐がおさまった朝、窓を開けると窓下スレスレまで
海面がきています。
宗介とポニョが海面に顔を突っ込むと、
海の中の世界が見られるんです。
庭の植木や芝生がそのままで、
そこには海中の生物が泳いでいます。
洗濯物がちゃんと物干し竿にかかって
風に揺られるように水中で揺れています。

あり得ません。

でも、子供の想像はまさにこれ!ですよね。

ポニョと宗介は船に乗って、お母さんのリサ
探しに行きますね。
そう、宗介が大事にしているポンポン船
ポニョが魔法で大きくします。
大きくしただけのおもちゃの船に子供二人が乗る・・

あり得ません。

でも、子供は間違いなく喜びます。
ちゃんと食料を積むところなんて、
もう子供たちのワクワク絶頂です。
ここで、子供達は完全に物語に入り込みますよね。
(私もここでノックアウトです 笑 )

アニメーションでなくては出来ないこと、
宮崎アニメだから出来る表現は、子供だけでなく、
大人の心も見事に打ち抜きますね。

宮崎監督、本当は大人へは自然の脅威みたいな
メッセージをこの「崖の上のポニョ」で
伝えているのだと思いますが、
私は子どものように楽しませてもらっています。
皆さんはいかがですか?

ジブリの森とポニョの海




スポンサードリンク
posted by となりのポポニョ at 06:33 | 崖の上のポニョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。